logo tips
インピーダンスコントロール

インピーダンス制御または制御されたインピーダンスとは何か

インピーダンスとは、回路内の抵抗とリアクタンスの相互作用の結果であり、オームで表されます。インピーダンスは交流特性であり、周波数と関係があることを意味します。インピーダンスが制御されていることは、信号の整合性を維持するために重要であり、特に高周波数の製品では重要です。

プリント基板,pcb


インピーダンス制御を実現するには?

一般的には、特定の配線設計やその他の関連する操作を行わない限り、インピーダンスは制御出来ません。インピーダンス制御または制御されたインピーダンスとは、プリント基板の設計により、インピーダンスのミスマッチを許容範囲内に収めることを意味します。


基板設計と基板製造においてインピーダンス制御を実現するには、2つの方法があります。1つは明確に定義された基板の層構成であり、もう1つは異なる配線構造を持つ配線設計です。さらに、基板のインピーダンスは製造工程で使用される寸法と材料にも依存します。

 

なぜPCB設計でインピーダンス制御が必要なのか?

基板の配線は、送信側からの受信側に最大の信号パワーを伝達するために使用されます。

送信側のインピーダンス値が受信側のインピーダンス値と一致しない場合、信号の一部が送信側に反射されます。そうすると、信号の一部だけが目的地に伝わります。高密度で高速なプリント基板の需要が飛躍的に増加しているため、インピーダンスを制御したプリント基板設計が非常に人気を集めています。


インピーダンス制御については、配線が短かい、または低周波であれば気にする必要はないかもしれません。しかし、高周波回路ではリアクタンスとインピーダンスが重要な要素となります。周波数が高くなればなるほど、あるいは配線が長くなればなるほど、配線のインピーダンス制御が必要になってきます。

インピーダンス制御


PCBGOGOのインピーダンス制御

インピーダンスを制御するには、適切に機能するためにある程度の精度が必要です。通常、基板設計者がインピーダンスの値や公差を指定し、基板メーカーが適切な材料を選定し、その仕様に沿って基板を製作します。PCBGOGOでは、プロのエンジニアがお客様のお悩みを解決します。


インピーダンス値と許容差を明確にしないとご注文時のご要求を満足させることができませんので、ご希望のインピーダンス値と許容差がある場合は、事前にお知らせください。私達は皆さまのご期待に最高品質でお答えするために 、基板製造の前にあなたのご要求を確認致します。インピーダンス制御基板のほとんどはシミュレーションを行いますが、インピーダンス計算は非常に複雑です。インピーダンス制御やその他の技術についてご不明な点がございましたら、お問い合わせください。


    即時見積もり▼

 基板製造 - PCBGOGO