フォーラム > プリント基板PCB設計のルール

プリント基板PCB設計のルール

  • Feb 23.2019, 10:28:28
  • 358
  • 0
  • PCB
  • 基板PCB設計
  • 基板PCB
  • PCBを配線
  • パッド
戻る

1、部品の配置

  最初はPCBのサイズを考えてください。PCBのサイズが多すぎたら,線路は長すぎたら抵抗も増えるし,抗ノイズ能力も落ちるしコストも増えます;サイズが小さすぎたら放熱能力も落ちるし隣の回路から影響を受けやすいPCBサイズが決めた後,部品のデータシートの資料を理解してくださいそれは電気性能外形寸法図のサイズ、ピン間隔などなどを含めています、それから部品の位置を決めてください。最後回路の機能に従う,回路のすべての部品を配置,以下の点にご注意ください

1)部品の配置は一般に信号の流れの方向になります。入力端から出力端まで。各ユニット回路は比較的集中しており、コアデバイスを中心にしています。高周波部品間の配線を最小限に抑え、それらの分布パラメータと相互電磁干渉を減らします。調整可能部品の配置については、調整しやすい方を考えてください。影響を受けやすい部品は近すぎないようにしてください。入力部品と出力部品はできるだけ離して配置してください

2)たとえば、プッシュプルアンプ、差動アンプ、ブリッジ回路などは、コンポーネントの対称性に注意してください。分布パラメータをできるだけ一貫させる鉄心を持つインダクタは、カップリングを減らすために、互いに垂直に配置し、互いに離して配置する必要があります。 


3)ポテンショメータ、調整可能インダクタ、可変コンデンサ、マイクロスイッチなどの調整可能部品のレイアウトについては、機械全体の構造上の要件を考慮する必要があります機械の内側で調整する場合は調整を容易にするためにプリント基板上に配置してください。外部調整の場合は、その位置をシャーシパネルの調整ノブの位置に合わせる必要があります。

  4)部品配置は均一、きちんとした、コンパクトで、一貫した密度,できるだけ水平と垂直になるようにしてください、そして、コンポーネントを斜めに配置したり、十字に配置したりすることはできません。回路のリード線はできるだけ短くし、リード線の数はできるだけ少なくしてください

  5)ボードの端にある部品は、通常、ボードの端から2 mm以上離れています。各部品の外殻間の距離は、それらの間の電圧に応じて決定されなければならず、0.5 mm以上でなければならない。

2、配線

  部品のレイアウトが決まったら、配線を開始できますPCBを配線するときには、次の点に注意してください。

  1)配線、特にトランジスタのベース、高周波リード、上下の電位差のあるリード、および隣接するリードはできるだけ短くし、間隔をできるだけ大きくし、ターンを丸くし、入力および出力に使用するワイヤをできるだけ長くする必要があります。隣接する平行線を避けます

2)一般に、コモングランド線は端部に配置されているので、PCBは筐体に配置される。
  3)PCBの同じ層に接続してはならないプリント導体は交差できません。印刷導体の最小幅は、主に、導体と絶縁ベースとの間の接着強度およびそれらを通って流れる電流によって決まる。 1.5 mmのワイヤ幅で十分です。集積回路、特にデジタル回路に対しては、0.02?0.3mmのワイヤ幅が通常選択される。

  4)印刷導体の曲がりは一般に円弧形状をとり、直角または角度は高周波回路の電気的性能に影響を与える。また、大面積の銅箔の使用を避けるようにしてください。そうしないと、長時間加熱すると銅箔の膨張や脱落が起こりやすくなります。大面積の銅箔を使用する必要がある場合は、グリッド形状を使用するのが最善です。これは、銅箔と基板との間の接着剤の熱によって発生する揮発性ガスを排除するのに有利である。

  3、パッド

  パッド中心穴は部品リード線直径より大き。パッドが多すぎたら穴あきになります。パッドの外径D普通はd+1.2)mmより大きその中でdはリード線の穴径。高密度なデジタル回路,パッドの最小直径d+l.O)mm。

 

お気に入り
  • 私のレビュー(0)
写真を1枚載せます:1つのファイルしかアップしない。各ファイルは2 mbを超えない。jpg、jpeg、gif、png、bmpなどをサポートします。
閲覧
確認

モ****ルフィ

  • 3

    記事

  • 18

    質問と
    回答

  • 0

    コメントと
    シェアー

人気のキーワード

hot