プリント基板試作・製作・製造ならPCBGOGO.JP

基板試作・製作・製造は低価格・短納期、自社販売製作で格安入手を実現!

部品実装データの入稿条件

間違いのない入稿データ作り

実装工程を円滑に進めるために、整理されたデータ・資料のご入稿をお願いします。オンラインでアップロードすることは一般的な支給方法です。別途にservice@pcbgogo.jp宛にデータ・資料を送信する方法もお受け付けします。タイトルに注文番号をご記入ください。例:「注文番号123456」。

BOM(部品表)

ガーバーデータ、座標データは実装工程の必須データ・資料です。部品を支給いただくのに違って、部品の代理購入を依頼いただく場合、BOM中の必須データは追加項目がありますので、是非ご留意ください。

部品を支給する場合、BOM中の必須データは下記のようにあります。
  • 部品名(Line#)
  • 部品個数(Quantity Per Part Number)
  • 部品番号(Reference Designator)
  • 型番(Part Number)
  • 規格(Part Description)
  • パッケージ(Package)
  • 取付(表面実装、挿入実装)(Type (SMT、IMT))
部品の代理購入を依頼する場合、BOM中の必須データは下記のようにあります。
  • 部品名(Line#)
  • 部品個数(Quantity Per Part Number)
  • 部品番号(Reference Designator)
  • 型番(Part Number)
  • 規格(Part Description)
  • パッケージ(Package)
  • 取付(表面実装、挿入実装)(Type (SMT、IMT))
  • 部品メーカー(Manufacturers Name)
  • 部品メーカーの型番(Manufacturers Part Number)
  • 販売代理店の型番(Distributors Part Number)
BOMの見本をダウンロードする

ガーバーデータ

プリント基板製作のガーバーデータ(RS-274X)はそのまま部品実装データとして使用します。部品実装工程(PCBA)にシルク層(Silkscreen),、パターン層(Copper)、メタル層(Solder Paste)が必要です。これらのデータを揃って、お手元にご保管ください。部品実装工程を行う前に、PCBGOGOエンジニアから部品実装データを確認することになります。

座標データ

座標データは搭載機用プログラムを作成するためのデータです。CADソフトには座標データ変換機能を搭載するタイプがあり、そのCADソフトから出力が可能です。変換機能のないタイプでしたら、お得意先から座標データを編集することになります。座標データは表面実装部品の位置と取り付け方向を記述しています。その中に、部品番号(Reference Designator)、角度(rotation)、X座標(PosX)とY座標(PosY)、実装面(Side)は含まれています。

座標データの見本をダウンロードする

その他

実装基板の関連資料・データがあれば、PCBGOGOにご入稿ください。実装図面、見本画像、仕事の写真